有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼ 詳しくはこちら

アフィリエイトの平均成約率(CVR)は?【低い原因と対処法を紹介】

しかまる

アフィリエイトの成約率ってどのぐらい?平均数値や上げる方法を知りたい…。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • アフィリエイトの平均成約率(CVR)
  • アフィリエイトで成約率が低い原因
  • アフィリエイトの成約率をアップする方法

この記事を書く僕は、ブログ歴3年、アフィリエイトで毎月50万円以上稼いでいます。

本記事の執筆者

しかまる(@shikamarurobo

アフィリエイトに取り組んでいると様々な数値管理が必要ですが、特に成約率(CVR)は超重要ですよね。

成約率はアフィリエイト生命に直結する数値であり、当然低ければ稼げません。

そこで今回は、アフィリエイトの成約率について、平均値や低い原因、高めるコツなどを紹介していきます!

目次

アフィリエイトの平均成約率(CVR)

まず、そもそもアフィリエイトの成約率とは、アフィリエイトリンクをクリックされた回数のうち、商品購入やサービス申し込みなどの成約に至った件数の割合のこと。

しかまる

「成約率」=「コンバージョン率(CVR)」とも呼ばれます!

なお、この成約率は、狙うキーワードの種類によって異なります。

キーワードの種類

  • 悩みキーワード
  • 商品ジャンルキーワード
  • 指名キーワード(商標キーワード)

上記それぞれの平均成約率をチェックしていきましょう!

悩みキーワードの平均成約率(CVR)

悩みキーワードの平均成約率は、約1%〜1.5%と低めです。

悩みキーワードとは?

人々が持っている悩みを反映したキーワード。「ダイエット」「美容」「健康」「育児」「転職」など広義なワードを指す。

上記のようなワードで検索しているユーザーは、ざっくりとした情報収集の段階であることが多いため商品購入には至りづらいでしょう。

商品ジャンルキーワードの平均成約率(CVR)

商品ジャンルキーワードの平均成約率は、約2.5%〜4.0%程度です。

商品ジャンルキーワードとは?

「化粧水 おすすめ」「事務 転職」など、商品のジャンル名が入るキーワード。

ユーザー自身の求める商品が明確になっているため、悩みキーワードよりも成約率が上がります。

指名キーワードの平均成約率(CVR)

指名キーワードの平均成約率は、約7%〜9%程度です。

指名キーワードとは?

「商品名」「商品名 口コミ」「商品名 効果」など、商品名が入るキーワード。商標キーワードとも呼ばれる。

ユーザーが具体的に商品購入を検討している段階なので、高い成約率を狙えるでしょう。

しかまる

購買意欲が高いユーザーを集められる分、成約率が高いですが、ライバルが強い点には要注意!

アフィリエイトの成約率が低い原因

成約率を上げるためには、まずは成約率が低い原因を理解する必要があります。

先ほど挙げた平均成約率よりも成約率が下回っている場合、以下の原因が当てはまっていないかチェックしてみましょう。

  1. ターゲット(ペルソナ)が定まっていない
  2. 季節により商品ニーズが減少した
  3. 商品・商品ページ自体に問題がある
  4. 競合サイトが多い
  5. 商品を売ろうとしすぎている

順番に解説していきます。

原因①ターゲット(ペルソナ)が定まっていない

実際サイトに訪問するユーザーと、アフィリエイト商品のターゲットユーザー(ペルソナ)がかけ離れている場合、なかなか成約には至りません。

しかまる

男性向けの筋トレ記事を書いているのに、女性向けのサプリを紹介しても刺さりませんよね…。

ターゲットは広い方がたくさんの人に読んでもらえそうですが、広くすればするほど記事の内容がブレるうえ、競合も増えるので、収益に結びつきづらくなります。

ターゲット(ペルソナ)は明確に絞り、狙った人に必ず読んでもらえるような記事・サイトに仕上げましょう。

原因②季節により商品ニーズが減少した

アフィリエイトの成約率が低い原因として、季節による影響も考えられます。

例えば、脱毛関連の商品は夏は需要が高まりますが、冬場になると需要が少なくなるので成約率も下がる傾向に。

他にも、以下のようなジャンルは季節ごとにニーズが変動しやすいでしょう。

  • 春にニーズが高まりやすいジャンル
    ★旅行
    ★インターネット回線
    ★クレジットカード など
  • 夏にニーズが高まりやすいジャンル
    ★美容
    ★アウトドア
    ★ダイエット など
  • 秋にニーズが高まりやすいジャンル
    ★賃貸住宅
    ★転職 など
  • 冬にニーズが高まりやすいジャンル
    ★乾燥・保湿系スキンケア
    ★スノー用品 など

季節によりニーズが変動しやすい商品を扱う場合は、どうしても成約率が下がる時期があるので注意が必要です!

原因③商品・商品ページ自体に問題がある

成約率は、リンク先の商品ページや商品自体の質にも左右されます。

せっかくブログやサイトの記事が良くても、飛んで行った先の商品ページが不便だったり、微妙だったりすると購入しようとは思えませんよね…。

商品や商品ページが原因で成約率を下げたくないのであれば、以下のような商品は避けましょう。

  • 商品の実績が少ない
  • 商品自体の魅力が薄い
  • 商品ページが重く、表示に時間がかかる
  • サイトの使い勝手が悪い(ユーザビリティが低い)

なお、Googleの調査によると、「3秒以上表示に時間がかかると53%のユーザーは離脱する」という報告もあります。

しかまる

遅くとも3秒以内にサイトが表示される商品選びを心がけてみてください!

原因④競合サイトが多い

高報酬な案件や、検索数が多いメジャーなキーワードは競合サイトが多く、難易度が高い場合があります。

そもそも競合が強いとSEOで上位表示されず集客できないので、当然成約も発生しません。

狙っているキーワードを検索エンジンで検索した際に、結果が以下のようになる場合は、「競合がたくさんいる」または「競合が強い」と言えるため注意しましょう。

  • ページタイトルに狙ったキーワードが入った競合ページが多い
  • ページ説明文に狙ったキーワードが入った競合ページが多い
  • URLに狙ったキーワードが入った競合ページが多い
  • ページ内に狙ったキーワードを含んだ競合ページが多い
  • 企業・団体のページなどが多い

個人がアフィリエイトの成約率を上げるためには、競合が強いワードを避け、狙い目を探すことが大切です。

原因⑤商品を売ろうとしすぎている

ユーザーに対して、紹介している商品を売り込もうとしすぎるのはNGです。

例えば、お店に行って店員からしつこく商品を勧められた場合、なかなか買いたいとは思わないですよね…。二度とそのお店には行きたくないと感じることもあるでしょう。

アフィリエイトの成約率を上げたいのであれば、売り込みはせずに、読者の抱えている悩みを解決する方法や、商品を購入するベネフィットを伝えることが重要です!

アフィリエイトの成約率を上げる方法

次に、アフィリエイトの成約率を上げるための方法を見ていきましょう。

  1. ペルソナを明確にする
  2. 購入されやすい商品を選ぶ
  3. 広告を最適な位置に配置する
  4. 商品購入のベネフィットを伝える

順番に解説していくので、ぜひ取り入れてみてください!

方法①ペルソナを明確にする

成約率が上がらない原因でもお伝えしましたが、アフィリエイトにおいてペルソナを明確にするのは非常に重要です。

そもそもですが、基本的にユーザーがあなたの記事を読む目的は、商品を購入するためではなく「疑問や悩みを解決するため」。

そういった読者の検索意図やニーズを理解していなければ、誰にも刺さらない記事になり、商品の購買意欲も高められません。

どんなユーザーに商品を購入してもらいたいのか?どんなユーザーの役に立てるのか?を具体化し、ペルソナを設定してから記事執筆を始めましょう。

超重要なペルソナ設定方法はこちら

方法②購入されやすい商品を選ぶ

アフィリエイトで紹介する商品は、質が高く、実績のあるものを選びましょう。

具体的には、以下のような商品だと信頼が高く成約率もあがる可能性が考えられます。

  • 受賞歴がある
  • 雑誌やテレビで紹介されている
  • ユーザーの声(レビュー)が豊富
  • リピート率・満足度が高い
  • 多くのサイトで紹介されている

また、キャンペーンを行っている商品も成約に繋がりやすくなります。例えば、「初回購入なら〇%OFF」「今なら特典で△△という商品もついてくる」などですね。

しかまる

限定特典やお得な情報は積極的に記事に盛り込んで、商品購入の後押しをしましょう!

方法③広告を最適な位置に配置する

成約率を上げるなら、広告を貼る位置にも注目してください。

効果的な広告掲載位置

  • 商品について詳しく知りたい!と感じる場所
  • ユーザーが知りたい答えの下
  • 記事の一番最後

大体のユーザーは記事の途中で離脱してしまうなか、最後までしっかりと読んでくれているといういうことは購入意欲が高いと言えます。

しかまる

そのため、記事の一番最後は広告貼り付けが必須!

正しい広告の貼り付け方を学び、まずはクリック率から上げていきましょう。

方法④商品購入のベネフィットを伝える

アフィリエイトで成約率をあげるためには、商品購入の「ベネフィット」を伝えることが非常に重要です。

メリットとベネフィットの違い

  • メリット:商品の特徴・強み・効果など(例:痩せる)
  • ベネフィット:商品を購入して読者が得られる未来や変化(例:水着が似合うようになる)

つまり、読者が商品を購入してどんな恩恵を受けられるのか、何が変わるのか、どんな未来が待っているのかということを提示する必要があるんですね。

メリットを書くだけではただの商品紹介になってしまい、魅力が十分に伝わらず、成約につながらないでしょう。

商品購入につながるセールスライティングを駆使して、読者の購買意欲を掻き立てられる記事執筆を心がけてみてください!

まとめ:分析と改善を繰り返してアフィリエイトの成約率を高めよう!

今回は、アフィリエイトの平均成約率や、成約率を改善する方法について紹介しました。

本記事の要約

  • アフィリエイトの平均成約率
    ★悩みキーワード:約1%〜1.5%
    ★商品ジャンルキーワード:約2.5%〜4.0%
    ★指名(商標)キーワード:約7%〜9%
  • アフィリエイトの成約率が低い原因
    1:ターゲット(ペルソナ)が定まっていない
    2:季節により商品ニーズが減少した
    3:商品・商品ページ自体に問題がある
    4:競合サイトが多い
    5:商品を売ろうとしすぎている
  • アフィリエイトの成約率を上げる方法
    1:ペルソナを明確にする
    2:購入されやすい商品を選ぶ
    3:広告を最適な位置に配置する
    4:広告を最適な位置に配置する

アフィリエイトで成約率は商品やジャンル、キーワードによって異なりますが、最低でも今回紹介した平均値はクリアするのが理想です。

平均値に達していないのであれば、必ず原因があるので、分析と改善を繰り返してみてください。

しかまる

せっかくアフィリエイトに取り組むなら、高い成約率をキープしてたくさん稼いでいきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる