有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼ 詳しくはこちら

「Amazonアソシエイト審査」が通らない人がやるべき3つ解決策

ブログで収益化したいけどAmazonアソシエイトの審査に通らない。

どうやったら審査に通るの?

クリアすべき条件を教えて欲しい。

こんな人の悩みを解決します。

この記事を書く僕はブログ歴2年半。収益も30万円を超えました。

しかまるの実績

今でも物販(Amazon・楽天など)で安定して月10万円以上稼げています。

本記事の内容

  1. Amazonアソシエイトの審査が通る基準を知ろう
  2. Amazonアソシエイトの審査が通らない3つの理由
  3. Amazonアソシエイトの審査が通らないと稼ぎにくい理由

副業ブログで稼ごうと考えている人には「Amazonアソシエイト」は必須。

審査は簡単に言うと「Amazonの商品を売るに値するサイトかチェック」するためです。

なので「ペラペラの内容の無いサイト」「違反があるサイト」は審査が通りません。

今回は複数サイト運営してきた経験をもとに「Amazonアソシエイトの審査を通す方法」についてお話したいと思います。

目次

Amazonアソシエイトの審査が通る基準を知ろう

まずAmazonアソシエイトの公式基準は以下の通りです。

実は規約をよく読むと答えは書いてあります。

■ Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合
      – 記事数や投稿数などのコンテンツが極めて少ない
      – 長い間更新がない
      – コンテンツのほとんどが転載や広告で構成されており、サイトにオリジナリティーがない

■ 身元情報が不十分である場合
      – 氏名が本名でない (姓・名のどちらかのみ、ニックネーム、サイトと関係が明確でないグループ名)
      – 電話番号が完全でない
      – アカウント情報の電話番号の初めに「+81」がついている
      – 住所が完全でない、または架空の住所である

■ リンクを使用するサイト・目的が不明瞭である場合
      – 入力されたURLに誤りがあり、サイトを確認できない
      – 閲覧規制のあるコンテンツを含み、サイト内容を確認できない
      – 他者(社)が運営するWebサイトやURLを使用している
      – サイト名やドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる
      ※SNSでこれらを含むユーザー名を利用されることもお断りしております。
      – サイト説明が不十分

■ サイト内の価格や在庫標記により、閲覧者に誤解を与える可能性がある場合
      ※「最安値」「在庫有り」等、可変的な情報には、情報取得時の日付や情報に相違が出る可能性を示す記載が必要です。

■ 法令または他者(社)の権利に対する侵害または違反がある場合
      – 著作権侵害が認められる
      ※使用許諾を得ていない画像や歌詞の転載等が含まれる場合も参加をお断りする場合がございます。
      – 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 (旧薬事法) 違反が認められる
      – その他違法な内容のコンテンツが含まれている

■ 情報商材コンテンツ、情報商材サイトへ遷移するリンクの掲載がある場合

■ 露骨な性的描写がある場合

■ 紹介料の使用目的が寄付・支援である場合

■ 未成年の方のお申し込み

■ その他の理由で、運営規約に違反するまたは参加が不適当であると当社が判断する場合 

引用:Amazonアソシエイト公式

でも、これではブログ初心者さんにはわかりにくいですよね。僕も最初は意味不明だったのでご安心ください。

では早速、審査が通らない3つを解説します。

Amazonアソシエイトの審査が通らない3つの理由

結論から話すと「Amazonアカウントで購入履歴がない」場合は落ちる可能性が高いです。

詳しくは後述しますが、この条件は必須かと思います。

では、順番にAmazonアソシエイトの審査に落ちる理由を3つお話します。

  1. ブログを立ち上げたばかり
  2. ブログの記事数・質が不足している
  3. Amazonアカウントの購入履歴がない(※重要)

①ブログを立ち上げたばかり

結論から言うと、ブログを立ち上げて間もない場合は高確率で落ちます。

僕も1週間で15記事投稿してAmazonアソシエイト審査依頼したのですが落ちました。

その後1ヶ月ほど更新せずに「再申請」したところ審査に通過しました。

この事からわかる事は「記事数」が一定数以上でも「ブログの運営期間が短い」場合は審査落ちすることがあるということ。

私は運営期間が1ヵ月でしたが、あまり気にせずに「審査に落ちる理由②ブログの記事数・質」でお話する内容を意識してもらえれば、勝手にクリアできると思います。

②ブログの記事数・質が不足している

Amazonアソシエイトの審査に落ちる理由の2つ目はブログの記事数・質が不十分である場合です。

結論から言うと「2000文字以上で10記事以上」が審査通過の目安だと思います。

私は今まで6つのブログの審査を通してきました。結果は以下の通りでした。

ブログのジャンル審査通過した記事数
筋トレ系ブログ5記事通過
健康系ブログ7記事審査通過
スポーツ系ブログ8記事審査通過
英語系ブログ10記事審査通過
副業系ブログ12記事審査通過
ガジェットブログ15記事審査通過

ガジェットブログが審査通過に最も時間が掛かっています。

しかまる

はじめて執筆するタイプの記事だったので「文字数・質」がダメダメでした。

一番早かったのは筋トレ系ブログです。

これは自分の得意分野なので、自分の経験談を組み込んだ質の高い記事が書けたからだと思います。

また全て筋トレ器具の紹介&ノウハウだったので内容的にマッチしたのだと推測します。

自分が広告主であれば完成度の低いブログに広告を貼って欲しくないですよね。

なので「記事数・質」を最低限クリアする必要があります。

>>ブログ初心者が1年間で月12万稼いだ方法【一部無料公開中】

③Amazonアカウントの購入履歴がない 重要

Amazonアソシエイトの審査に落ちる理由の3つ目は「Amazonアカウントの購入履歴がない」ことです。

しかまる

400記事書いたブログがこれ抜けただけで落ちました(笑)

当ブログが400記事を超える時、まさかのAmazonアソシエイトの審査漏れが発覚しました。

審査漏れだと下記のようなメールが届きます。

まさかの審査落ち(笑)

かなり焦りました…。

さらに今まで勝手にリンク設置してるから削除しなさいよ!とお達しが…

しかまる

400記事もあるブログでも落ちるのか…と驚きました。

他の審査通過したブログと比較してどんな条件が違うのか徹底的に分析しました。そしてある事に気が付きました。

それは「Amazonアカウントを新規で発行」していることでした。

確かに新規アカウントなので、Amazonでの購入履歴もありません。

購入履歴が無い=氏名、住所、クレジット情報などの個人情報が一切入っていないAmazonアカウントになります。

新規アカウント=信頼できないアカウント(登録情報がないため)と判断されたのではないかと結論付けました。

対応策は「いつも買い物をしているアカウント」をに切り替えてAmazonアソシエイトの審査に再度チャレンジしました。

秒殺で審査にクリアしました。それ以外全く何も変更していません。

なので完全に理由は「Amazonアカウントの信頼性」でした。

ブログの完成度以外にも審査基準がある証拠です。

しかまる

ブログの完成度、個人の信頼性2つの側面から審査していることが分かりますね。

Amazonアソシエイトの審査が通らないと稼ぎにくい理由

副業ブログの収益は大きく分けて2つあります。

  1. アドセンス広告(自動広告)
  2. AmazonアソシエイトやA8net.(物販)

冒頭でお話した通りこれらにはそれぞれ審査があります。

私の感覚だとAmazonアソシエイトの方が審査は厳しいと思います。

副業ブログで稼ぐためには、「自動広告のアドセンス」と「モノを売るAmazonアソシエイト(他にも種類はあります)」は必須です。基本的にはこの2つを軸に収益を上げていく形になります。

【まとめ】Amazonアソシエイトの審査に落ちる理由

Amazonアソシエイトはブログで収益化させようと思ったら必須です。

審査はどんなクオリティーのブログでも通るわけではありません。Amazonの商品を売るに値するブログだけが審査に通ることができます。

Amazonアソシエイトの公式サイトにも審査基準は記載されています。その内容に自分のブログが該当していないかチェックしてみましょう。

一番重要なのはAmazonアカウントの購入履歴があるかです。

これが抜けているとブログがどれだけ完成していても審査に落ちてしまいます。

しかまる

実際に私も落ちてますからね。。。

まとめると…

  • ある一定の記事数(10記事程度)
  • 1記事3000文字程度
  • Amazonアカウントで購入履歴を残す

まずはこの3つをクリアしましょう。

内容に重大な違反がない限りはAmazonアソシエイトの審査には通過することが出来ると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる