有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼ 詳しくはこちら

【公開】副業ブログで1年で月12万円稼いだ作業スケジュール【13ステップ完全マニュアル】

しかまる

ブログで稼ぐには、どんな手順で作業すればいいのかわからない。具体的に稼ぐためのスケジュールを教えて欲しい。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. 1年間で月12万円稼いだ作業スケジュール【13ステップ】

この記事を書く僕は、ブログ歴3年の副業ブロガー。収益は50万円を超えています。

この記事の執筆者

しかまるプロフィール
しかまる(@shikamarurobo

ブログを始めてみたけど、何からやっていいかわからない…。といったお悩みは、初心者ブロガーあるある。

結論から言うと、ブログは「正しいノウハウ」を「正しい順番」で使わなければ、成果を出すことはできません。

そこで今回は、ブログで成果を出すために必要な作業スケジュールを具体的に13ステップで徹底解説します。ブログで稼げるイメージできていない初心者さんはぜひ参考にしてみてください!

目次

①ワードプレスでブログを作る

結論、無料ブログではなくWordPressでブログを作りましょう。

ブログ初心者にWordPressなんて難易度が高そう。費用が掛かるから決断できない。こんな人も多いと思いますが、WordPressは月間1,000~2,000円程度で運営可能なので、あとから余裕で回収できます。

WordPressブログの開設方法がわからない場合は、38枚以上の画像を使って30分で開設する方法を記事で徹底解説していますので、参考にしてください。

あわせて読みたい
【脱・失敗】WordPressブログの始め方を38枚の画像を使って解説【たった30分で完成する】
【脱・失敗】WordPressブログの始め方を38枚の画像を使って解説【たった30分で完成する】WordPressブログでブログを始めたいけど、難しそう。簡単に作れる方法を教えてほしいなぁ…こんな悩みを解決します。僕もWordpress(ワードプレス)でブログを作るのにと...

最初からプロ級のデザインにしたい

有料テーマを購入しよう

  1. :17,600円(税抜)
  2. :14,800円(税抜)
  3. :14,800円(税抜)

最近人気なのはこの2つのテーマです。

実際に僕も使っていますが、初心者の人でも簡単に設定できて、かっこいいブログからスタートできます。

CSSやHTMLなどのコードがわからなくても作れるので、デザインに迷って1ヶ月使わない人いるんですけど、悩んでいる間に1万円稼ぐことができるので入れたほうが得ですね。

最初から「カッコイイデザインにしたい」「プロ級のデザインにしたい」人は有料テーマを検討してみてください。

あわせて読みたい
ブログ初心者におすすめの有料テーマ3選【ステマ無し】
ブログ初心者におすすめの有料テーマ3選【ステマ無し】有料テーマの選び方が分からない。本当におすすめの有料テーマはどれか教えて欲しい...今回は、こんな疑問にお答えします。本記事の内容ブログ初心者におすすめの有料テ...

②書くジャンルを選ぶ

雑記ブログや特化ブログなどありますが、初心者が1年で6桁以上の成果を出したいのなら特化ブログ1択です。

雑記ブログは初心者が稼ぐのに難易度がたかいですし、短期間で稼ぎにくい傾向があるからですね。

雑記ブログは、いろんなカテゴリーをごちゃ混ぜに書いているブログのこと。

例えば、ブログの内容を書いたら、翌日に筋トレ、その翌日に食事など書いたりなどですね。

逆に特化ブログは、専門的に1つのジャンルを極めていくブログになります。

筋トレの内容ばかり書くなら、筋トレばかりを書く、これが特化ブログです。

1年で10万円以上稼ぎたいのなら特化ブログを選びましょう。

ジャンルの選び方

ジャンルを選ぶときは次の2つを考えましょう。

  1. 自分が専門的に書けること
  2. 誰よりも好きでいくらでも書ける内容

アクセスを増やすためには、

  • 専門性…詳しく書かれているか
  • 権威性…誰が言ったのか
  • 信頼性…信頼できる情報なのか

この3つが大事になります。

専門性はそのままで、権威性は筋トレで結果が出している人が言う情報と、筋トレ1ヶ月の人が言った情報だとゴリゴリに結果を出している人のほうが検索順位にあがりやすいです。

信頼性は、信頼できる情報だったり間違っていないのかが重要になってきます。

自分が専門的に書けるジャンルを選ぶことが大事です。

専門性が上がるとすべてが伸びます。

例えば、あなたに筋トレの専門的な知識があったとすると「この人筋トレについてすごいな」という権威性が出てくるのです。

権威性と専門性があわさると信頼されるので、どんどん詳しくなることで権威性と信頼がついてくるのです。

  • 誰よりも専門的に書けること
  • 誰よりも好きでいくらでも書ける内容

このジャンルを選ぶことが大切です。

③Twitterを始める

twitterを始めるメリットは3つあります。

  1. リサーチできる
  2. ブログを頑張る仲間が生まれる
  3. 最新の情報が手に入る

リサーチできる

例えば筋トレのことを書いていたとしたら、twitterも筋トレで始めます。

すると、筋トレで興味があることや流行っている内容をtwitterを通して情報収集できるのです。つまり、マーケットを理解することが出来ます。

ブログを頑張る仲間が生まれる

ブログ初心者のころは、書いても書いても稼げないので心が折れちゃいます。

それを解消するために一緒に頑張る仲間を見つけると、悩みや励まし合ったりできるのです。

メンタルが鬼強いなら問題ないですが、初心者のころに稼げるか不安になると辞めちゃうんですよ。Twitterを始めると仲間が簡単にできます。

最新の情報が手に入る

twitterを続けていくとフォロワーが増えていくので、権威性がでてきます。

今流行っているクローズな情報を、twitterを通じて友人に教えてもらったり、有名な方とつながれたりします。

すると、ネット上には出回っていないかなり有益な情報を交換することができるのです。

僕の場合はTwitterを通じてスクールを立ち上げて、スクール生同士で有益な情報を交換したり提示しています。

情報はネットビジネスをするにあたって重要なので、twitterをはじめることで手に入れることが出来るのです。

商品を紹介するときも圧倒的に販売しやすい

商品を販売するにもマーケットがあると販売しやすいです。

先ほども言いましたが、例えば筋トレについて発信していると、twitterのフォロワーさんは筋トレ好きのマッチョばかり集まります。

その時にブログで筋トレについて専門的に書いて行きます。

twitterが優秀な営業マンでブログがお店で例えると、twitterであなたの記事を紹介するだけで記事が読まれやすいのです。

筋トレが好きだから読んでくれますし、記事の中にいい商品があれば買ってくれるようになります。

このように、マーケットを作る意味でもtwitterはかなり重要になるので、ブログと平行に使うと稼げるようになったり、アクセスを増やせるようになります。

④20記事を目指す

20記事は簡単にいうと「練習」です。

ブログで稼ぐには質の低い適当に書きまくった記事をかいても全く稼げません。

過去の僕も100~200記事書きましたがまったく稼げませんでした。何が大事かというと「アクセスのある質の良い記事を書きまくること」です。

当たり前とおもわれるかもですが、結構むずかしいです。これが出来れば誰でもかせげるようになります。

質の高い記事を書くためにも、最初は20記事練習だと思って書きまくりましょう。ただ、何でも適当に思いついた内容をかいていいわけではありません。

例えば、筋トレダイエットについて書くなら

  • 下半身が痩せる筋トレ方法
  • 二の腕が痩せる筋トレ方法

などの内容を1つのカテゴリーとして沢山書いてください。

下半身の筋トレなら、スクワットやランジのやり方など分けて、下半身が痩せる情報を1つ1つの記事にしてカテゴリーの中に入れていくのです。

全て下半身の痩せるやり方に統一してに1つのカテゴリーを攻略します。

すると、ブログが下半身に詳しい評価をもらえるようになるので、アクセスが早く上がりやすくなるのです。

下半身が痩せるカテゴリーの中に、上半身や胸、ランニングなどの違う筋トレ方法を書くと、Googleもどこを評価したらいいのかわからなくなります。

まずは「このカテゴリーは○○について詳しい」とひとつに特化して書いていきましょう。

今回なら下半身が痩せる筋トレ方法を20記事書く例となります。

とはいえ、どうやって質の良い記事を書けばいいのかわからない人もいますよね。

実際に苦手だった僕でも月に50万円以上稼げた方法があるので、下記をぜひのぞいてみてください。

20記事でも本気で書けば成果が出るので、1記事目から本気で書いて行きましょう。

あわせて読みたい
ブログがうまく書けない僕が月50万円稼げた5つの対処法【センスは不要です】
ブログがうまく書けない僕が月50万円稼げた5つの対処法【センスは不要です】ブログを書こうと思っても、上手く書けません。文章が上手くない自分でもブログで成果を出せるか心配です。スラスラと書けるようになる方法はありますか?今回は、こん...

⑤キーワードを探す

まず、書くべきキーワードを書き出しましょう。

適当に思いついた内容を書くのではなく、事前に書くべきキーワードをエクセルやスプレットシートに書き出しておくのです。

「今日は筋トレのことを書こう」「明日は思いついた筋トレを書こう」などで書くとキーワードが重複してしまうのです。

内容が被って共食いする状態ですね。

先に書くべきキーワードを書き出して、

  • 筋トレ 食事 
  • 筋トレ ダイエット 
  • 筋トレ 毎日

など最初に書く記事を20日分つくっておくのです。

それを上から順番にクリアしていくカタチですね。

すると、キーワードが重なることがなくなるので、アクセスがあがりやすくなります。

書き出したらひとつずつクリアしていきましょう。

⑥記事内容を考えてみる

ブログで大事なのは、読者の悩みを解決することです。

読者の悩みというのは検索意図ですね。

例えば、「肌荒れ 治し方」のキーワードで調べている人は、肌荒れを治したいと予想されます。

「ダイエット 下半身」だと、下半身を細くしたいなどの検索意図をくみ取れるのですね。

このように、キーワードから読者の検索意図を考えるのがかなり重要です。

悩みを解決する内容を書くと、満足度がアップして記事が読まれるようになるので検索順位に上がりやすくなります。

例えば、ダイエット下半身の検索意図を予想して、悩みを解決する記事を書くなら…

  • 下半身を細くする方法
  • 下半身が痩せる筋トレ方法
  • 下半身が痩せるサプリメント
  • 下半身が痩せる食事の方法

などいろんなニーズが予想されるので、検索意図を満たした記事を書いていくのです。

すると、読者の悩みが解決されるので、グーグルの評価が高まって検索順位アップするのです。

先にキーワードを決めずに書いてしまう人は読者の検索意図まで考えて提示できていないので、読者がたまたま見たとしても「いや、そういうことじゃないんだよなぁ」と思われて離脱されてしまいます。

すると、Googleに検索順位をさげられて記事が圏外に行くのです。

まずはキーワードを決めて、キーワードの検索意図である悩みを見つけること。

悩みを解決する記事を書く流れが大切です。

これをやるだけで初心者から一気に中級者に上がれますし、月10万でも100万でも同じ考えなんです。

この話について詳しくは別記事の「稼げrお宝キーワードを見つける方法」と「ウェブライティングの基礎入門」で徹底解説しています。

ライバルが少ないキーワードの探し方も書いているので、ぜひインプットしてみてください。

>>

>>

⑦ライバルサイトをチェックして研究する

ライバルサイトを研究するのが嫌な人いるかもですが、やることで勉強にもなりますし、実際に検索順位があがったこともあります。なので、やっていきましょう。

  • 同ジャンルの上位サイトを研究する
  • 尊敬しているブロガー産のサイト構成を見る

同ジャンルの上位サイトを研究する

上位に出てくるサイトは大体同じです。

  1. サイトを見てどこが優れているのか
  2. どこが自分と違うのか
  3. どういう風にお金にかえているのか

この3つの視点で見てみましょう。

良いところが吸収できますし「筋トレはここで稼げるのか!」といった発見もあるのです。

まずは上位3サイトは徹底的に研究しましょう。

ノウハウを簡単に吸収することができます。

尊敬しているブロガー産のサイト構成を見る

自分がすごいなぁと思えるサイトを見ます。

上位3サイトと同じで、

  • 「なるほど、こういう風にお金にしているのか」
  • 「このようにキーワードを狙っているんだな」
  • 「このデザインだから読者さんに読まれやすいのか」
  • 「言い回しはこんな感じか」

などの発見が出来ます。

20記事書いた経験から自分との違いを洗い出す

ブレインダンプといって、頭の中にある情報をすべて書き出します。

  • 自分のブログとの違い
  • 取入れたいところ

この2つを紙に100個以上書き出します。するとアイディアが思いつくのです。

やり方

  • 用紙 A4サイズ以上の大きさ
  • ペン 書きやすいモノ
  • ストップウォッチ

を用意して、5分~10分頭から絞り出すようにかいていきます。

目的は、テーマに関する情報の整理やアイデア創出、またブログ全体像の把握に役立ちます。

稼いでいる人みんなやっているやり方なので、ぜひやってみましょう。

おどろくほど頭の中が整理できて、なんでこんな所で悩んでいたんだろうと驚きますよ。

ここまでやることでやっと読者さんの目線になれますし、価値のあるものを提供できます。

逆に言うと稼げる人が全員ここまでやっているとすれば、スキルやノウハウを負けているときにこれをやらないと勝てないんですよ。

勝とうと思うなら先に走っている人よりも、大きな努力量や思考力が必要になるので、まず1回はチャレンジしてみましょう。

⑧過去記事をチェックする

過去記事のチェックですが、恐らく笑っちゃうレベルでビックリすると思います。

読めたもんじゃないし、何を目的に書いていたのかわからないくらいです。

それくらい笑えるレベルに感じたのなら、ノウハウとライティングスキルが身についているのでOKです!

ここまで学んだノウハウを手に入れた状態で、実際に手を動かしているので、思考が深まっています。

その状態でスタートすれば、一気に稼げるようになります。

⑨収益記事を作る

収益記事は、稼ぐことに特化した記事です。

例えば、ランキングやオススメ〇選などがあげられます。

「筋トレグッズおすすめ3選」など、読者さんが買おうとしているキーワードなので圧倒的に売れやすくなります。

実際にあなたもランキングやおすすめなど調べる時、興味があったり買おうとしていませんか?

僕が最近欲しかったものを例にすると、

  • キヤノン カメラ ランキング
  • キヤノン カメラ おすすめ

などで調べたんですよね。こういう人は、もう買うつもりでいて、みなさんのレビューなどが知りたいから調べているのです。

商品が売れやすいキーワードなので、収益記事といいます。

それ以外の記事を集客記事といい、アクセスを集めることに特化したものです。

集客は悩みの解決方法が書かれている記事で、カメラを例にすると「カメラ 使い方」などですね。

「悩みが解決できないのなら、カメラのオススメランキングに買いなおしてみては?」

など、集客記事から収益記事につないでいくのです。

収益記事が検索にかからなくても、集客記事でアクセスを1000集めることが出来たら、そこから10%売り上げを持っていくことが出来たら収益記事から発生するのです。

いわゆる弱者の戦略です。

収益記事はライバルが強いので、勝てないのです。そこでニッチな集客記事で上位を取ることが出来たら、アクセスを集めることが出来ます。

集客を収益になるお金のページに集めると、収益記事が上位じゃなくても売り上げが発生する状況を作れるのです。

さらに詳しく知りたい方は、特化ブログの構成について別記事にまとめています。

僕が月50万円以上稼げたノウハウをすべて書いているので、ぜひのぞいてみてください。

>>

⑩サイト設計をする

ここではまとめ記事&カテゴリーについて解説します。

まず「筋トレ 下半身」の記事1.2.3など10本書きます。

  • デッドリフトのやり方
  • スクワットのやり方

など筋トレ下半身に関しての個別記事を書いて、つぎに「筋トレ方法10選」みたいなまとめ記事を書きます。

まとめ記事に個別記事をすべてリンクでつないであげます。

すると、筋トレ方法①を見に来た人がまとめ記事を見に来てくれる可能性があります。

逆にまとめ記事に来た人が筋トレ方法1~3に観に行くこともあります。

つまり、1人に複数の記事に見られる構成をつくることができるのです。

これがサイト設計です。

カテゴリー①「筋トレ 下半身」で20記事書いたとしたら、次に「筋トレ 上半身」という記事を書いていきます。

  • ベンチプレス
  • チェストプレス

などの内容を個別に書いていき「筋トレ上半身20選」のようなまとめを作るんですね。

筋トレ下半身のように、それぞれ個別の記事とまとめ記事を内部リンクでつないでいくのです。

「筋トレ ベンチプレス」に来た人がまとめを見てくれたり、逆も同じです。

サイト内で巡回をしてくれるようになるので、カテゴリーをわけて内部リンクをつなげるようにしましょう。

そうすることでアクセスが上がっていき、どんどん稼げるブログ構成を作ることが出来ます。

手順

  • カテゴリー①の個別記事を20本以上書く
  • 個別記事の内容をまとめた記事を書く
  • カテゴリー②を書き出す

このようにカテゴリーを作っていきます。

⑪過去記事をリライトする

ここまでくると、おそらくあなたは3ヶ月以上経っているはずなので、最初の記事をリライトしましょう。

ただ、リライト=アクセスが伸びるというわけではありません。

リライトには注意点があります。

  • 読者の検索ニーズに合っているか調べる
  • 情報が不足していれば追記
  • 無駄な情報があれば削除

よく文字数を追加することがリライトと思っている人多いですが、読者の求めている情報以外はマイナス評価をうける可能性がかなり高いです。

無駄な情報があればおもいきってきりましょう。

僕も過去に10,000文字で書いた記事があったんですが、無駄な情報が多かったのです。

思い切って5,000文字まで減らしたところ、1ヶ月後に4位まで跳ね上がったのです。

意識すべきは「すべては読者目線で、必要か不要か判断すること」です。

読者の検索ニーズにあっているのか、求めているのか、情報が足りなければ足すなどを読者が求めているのか判断するのです。

キーワードを選んで検索意図を調べることが重要です。

⑫被リンク獲得活動をする

ブログの順位をあげるには被リンク獲得にはかなり重要です。

トップクラスに重要ですね。

被リンクとは、誰かに自分のサイトのリンクを貼ってもらう事です。

自分のサイト内でも被リンクということもありますが、今回は第三者からもらったリンクのことを被リンクとして話します。

なぜ被リンクがいいのかというと、自分で良いサイトと思っていてもGoogleからは何とも思われないのです。

それに自分で言ってるので、信憑性がありませんよね。

そのブログに対して第三者のスゴイ人がいっぱい出てきたら、Googleも「第三者がすごいんだったらこのサイトはすごいんだな」と判断されて、検索が上位にあがりやすくなります。

ブログは第三者からの評判が重要になるのです。それが被リンクです。

被リンクを獲得する方法

  • Googleアラートを使った被リンク対策
  • 画像検索を使った被リンク対策
  • 独自の分析、誰も書かない悩み解決記事を書いて被リンク対策

このやりかたについては、別記事に詳しく書いているので、ぜひご覧ください。

営業活動も被リンク対策になります。

  • 直接メールや電話で交渉
  • オフラインの場で交渉

直接自分でメールや電話で「被リンクお願いできませんか」と関係性がある人にお願いをすることです。

オフラインは、オフ会とかで実際に会った人に同じジャンルの人に「被リンクしてくれませんか」、メーカーの人と会ったら自分のサイトではあなたの商品を書いているんですけど、よかったらもらえませんか」と声掛けをしてみるなど。

厚かましいと思われるかもですが、交渉することでOKもらえたり、向こう側もメリットがある場合もあるんです。

被リンク獲得には交渉がとても重要になります。

⑬セールスライティングを身につける

セールスライティングは、物を売ることに特化したライティング方法です。

  • 商品を売る
  • 人に行動してもらう
  • 最後まで読まれる文章

このようなスキルは適当に書いただけでは手に入れることができません。

なんとなく書いた文章で人に物は売れないですよね。相当な天才だったら売れるかもですが、難しいのです。初心者が売るためにはライティングスキルを身に付ける必要があるのです。

例えば

  1. PASONAの法則
  2. PPCの法則
  3. QUESTの法則

これは、街のPR広告や、テレビのCMでも今だに使われていますし、昔から使われている優秀な手法です。

このやり方を具体例を交えて徹底的に解説していますので、下記の記事も合わせてご覧ください。わからない人でもすべて具体例を書いているので、初心者でもわかります。

このノウハウを手に入れて、自分でセールスライティングを使っていきましょう。自分でセールスライティングを覚えて使っていくことで、売り上げがめちゃくちゃあがります。

僕もライティング術を覚えてから売り上げが10万から50万円まではねあがりました。

次のフェーズに行くまでには必ず必要なノウハウなので、ぜひ一緒にやっていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる