有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼ 詳しくはこちら

ブログで挫折することは素晴らしい【成功に失敗は不可欠です】

ブログで何度も挫折してきたけど、もう限界。

どうやったら稼げるのかわからなくてツラい。

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  1. ブログは絶対に挫折します【断言します】
  2. ブログで挫折しない稼ぐために必要な4つの手順
  3. ブログで挫折できるのは本気の人だけ

この記事を書く僕はブログ歴が約2年半。収益は月30万円を突破しました。

しかまるの実績

とはいえ、ここまで失敗せずにたどり着いたわけではありません。

何度も心が折れて辞めようと思っては、復活するの繰り返しでなんとかたどり着いた感じ。

「ブログ頑張る→心折れる→YouTubeやってみる→またブログ頑張る」とこんな風に、頑張っては心が折れての繰り返しで稼げるようになりました。

こんな僕が「挫折の対処法と稼ぐまでの手順」を解説します。

目次

ブログは絶対に挫折します【断言します】

例えば、想像してみてください。

3ヵ月間無休で働いても給料が0円の仕事があったとします。こんなの続けられる人は相当の変態。ほとんどの人が続かずに挫折していくはずです。

でもまさにブログ初心者の3ヵ月間はこんな感じでいくら書いても全く稼げません。

では、挫折しないための3つの具体的対策を解説します。

\ 動画では+αで稼ぐ方法も解説 /

働いた時間=お金だと思っている

ブログはすぐにお金にはならない

ブログは成果が出なければ、何時間働いても0円です。一番心が折れる理由です。

これは考え方次第で解決できます。

例えば、川に水を汲みに行くことでお金が貰える仕事があるとします。

・Aさん:川までバケツを持って歩いて水を汲みに行く

・Bさん:川までパイプを作る作業をする

Aさんは働いた分だけ水を届けられるのでお金が貰えます。一方でBさんはパイプを作る作業をしているのでお金が貰えません。ですが、3か月後この2人の立場は逆転します。

理由は、Bさんがパイプを完成させてお金が自動で入る仕組みを作ったから。

ブログは即金性はありません。

ですが、パイプを作る作業が完了すれば少ない力で稼ぐことができます。

しかまる

挫折しそうな時は「今はパイプを作ってるんだ」と踏ん張ってみてください。

作業量のギャップ

ブログの作業量は想像以上に多い

ブログは簡単に稼げると思われがちです。

実際にやってみるとちょっと作業した程度では1円にもなりません。

例えば、ブログ初心者のころは1記事に10時間ぐらい使ってました。100記事書くだけでも1000時間必要な計算ですね。挫折しないためには、ブログの「作業計画」を立てましょう。

具体的には、「何ヵ月で何記事書くのか」「どんな成果が予想されるのか」計画してましょう。

そうすれば、途中で成果が出なくても作業量が足りないだけと納得できるので、挫折しにくくなりますよ。

試行錯誤を繰り返すうちにブログは必ず上達します!

知識不足

稼げない理由の多くは知識不足

稼げない原因は「知識不足」です。

そして、知識不足の原因は「行動力」不足です。

厳しいことをいうかもですが、答えをすぐに求めてしまう人は稼げません。証拠として、無料で有益な情報はたくさん出回っていますが、稼げる人は一部の人だけ。

理由は、有益情報に満足して行動しないから。逆に言うと「この情報でチャレンジする」と決めたなら、盲信して行動するぐらいの方が稼げます。

とはいえ、その情報が間違っていたら怖くて動けません。と思うかもですが、行動しないと情報が間違いかどうかもわかりません。

そして純度100%の失敗なんて存在しない。

失敗から学べることはたくさんあります。急がば回れでまずはチャレンジしてみることですね。

ブログで挫折しない稼ぐために必要な4つの手順

  1. ブログは本気ならWordPress一択です
  2. 1つのジャンルに絞ろう
  3. 記事で狙ってるキーワードを決めよう
  4. キラページにリンクを繋げる

ブログで挫折しないためには、やはり正しい考え方が必要です。

4つの手順を解説します。

①ブログは本気ならWordPress一択です

ブログで稼ぐならワードプレス一択です

ブログで本気でやるならWordPress一択

運営会社に依存するので自由度が低く検索上位にあげるのが難しいので稼ぎにくい。

僕も最初は無料ブログで大量の記事を書いたけど、全くアクセスが稼げず断念→WordPressに切り替える→アクセス爆伸び。

こんな感じでした。

あの数か月はかなり無駄な時間だったなと思います。なのでブログを本気でやるならWordPress一択です。

とはいえ、WordPressってなんか難しそうと思うかもですが、こちらの「【脱・失敗】WordPressブログの始め方を72枚の画像を使って解説」 を見つつやれば、ブログ初心者でも60分で開設できます。

②1つのジャンルに絞ろう

書くジャンルは1つに絞る

何となく記事を書き始めるのはNG。

これでは天才以外稼ぐことができません。

ブログで挫折しないためにはジャンル選びが重要。

  • 誰よりも詳しく書ける
  • 誰よりも好き

こんな分野を選びましょう。

Googleは読者への「価値提供」を重要視しています。

なので専門的に書ける分野じゃないと勝負になりません。

一番やっちゃダメなのは、稼げるからという理由で興味のないジャンルを選択すること。

とはいえ、専門的に書けるジャンルなんてないよ。という人は人生で「1年以上ハマったこと」でOK。それだけ熱中していれば人よりは詳しいはず。

③記事で狙ってるキーワードを決めよう

記事毎に狙うキーワードを決める

Google検索で何かの「キーワード」を検索します。その結果、記事が表示されてブログを読んで貰えます。

当たり前かもですが、この動きを理解することが大切です。

 アクセスを集めるためには

何かの「キーワード」で検索した時に1位で表示される工夫をしよう。例えば「筋トレ 上半身」なら、このキーワードで調べた時に記事が1位になるようにします。

良くある悪い例は、いろんなキーワードを狙いすぎること。

例えば、「筋トレ 上半身」以外に「筋トレ 下半身」「筋トレ ジム入会」など知ってる話を意図なく書いてしまうパターン

1つの記事では「筋トレ 上半身」で検索されたら、ブログが上位表示されるように対策しましょう。

詳しくは「SEOに効果的なブログタイトルの決め方」が参考になるかなと思います。

\ SEOに強いタイトルの作り方 /

 見出しも超重要です

「筋トレ 上半身」で検索上位に表示させるには「タイトル・見出し」でSEO対策が必要。

<title>記事タイトル(KW入れる)</title>
<h2>見出し(KW入れる)</h2>
<h2>見出し(KW入れる)</h2>
<h2>見出し(KW入れる)</h2>

記事タイトルには狙ってるキーワードを必ず入れつつ、見出し(h2)にも出来るだけ入れよう。見出し(h3)には読者目線で邪魔にならないレベルなら入れておこう。

SEOに強い見出しの作り方は「ブログの検索順位を上げるライバル調査の完全手順書」でテンプレート付で解説しています。

④キラーページにリンクを繋げよう

集客ページからキラーページにリンクを集める

これが抜けると稼げない超重要ポイント。ブログは全ての記事で稼ぐわけではありません。

特定のエースプレイヤー的な稼ぐことに特化した記事が存在します。これがキラーページです。他の記事はエースを活躍させるためにアクセスを集める役割を担います。

例えば、集客記事で「勉強 やり方」という「勉強のやり方で悩んでいる人」アクセスを集めて、「塾のおすすめランキング●選」という売ることに特化した記事へ誘導。

とはいえ、集客記事からキラーページへの誘導が難しいと感じるかもです。

先に見出し(h2)を考えて、その後に「どこにリンクを配置するか」「どういう文章で誘導するか」記事構成を考えましょう。

これだけで収益化はかなり変わりますよ。

 渾身の100記事を書いてみる

これを読み終わったら、すぐに記事を書きましょう。結局、行動しなきゃ何も上達しないし変わりません。

記憶に残ってるうちに実践すれば成功率はグンッと上がりますよ。

稼げるサイト構成については「【完全ロードマップ】ブログ初心者から1年間で「121,712円」稼いだ方法論【再現性を高める作業スケジュール付】」でさらに解説。

しかまる

有料noteなので興味のある方だけどうぞ。

ブログで挫折できるのは本気の人だけ

ブログで挫折できるのは、本気で取り組んでる証拠。全く興味ないものに心は折れたりしない。それは単に飽きただけです。

そこまで本気で取り組めたのだから、もう一歩踏み出してみましょう。

例えば、100回叩けば壊れる壁があるとします。

・ある人は99回で挫折して壁を叩くのをやめた。

・ある人は100回叩いて壁を壊すことに成功した。

成功者と失敗者の違いは「たった1回が叩けるか」だけの差だったりします。

簡単に言うと「目の前のことに夢中になっているか」です。

ということで、今回は「ブログで挫折することは素晴らしい【成功に失敗は不可欠です】」をお話しました。

もしブログで挫折しかけてるなら、実は壁が壊れる直前かもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる