有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼ 詳しくはこちら

【新規ブログ】サイト設計完全マニュアル

しかまる

新規ブログで稼げるサイト設計に挑戦してみたい。でも、サイト設計の正しいやり方がわからないから教えて欲しい!

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. サイト設計の重要性
  2. 新規ブログのサイト設計【具体的手順9ステップ】
  3. しかまる式サイト設計で結果が出る3つの理由

この記事を書く僕はブログで月100万円以上稼ぎ続けています。

本記事の執筆者

しかまるプロフィール
しかまる(@shikamarurobo

サイト設計は、ブログで稼ぐためには必須。絶対に避けては通れません。

とはいえ、いきなり「サイト設計をやりなさい」と言われても、何からやったらいいのかわからないですよね。

そこで今回は、ブログ初心者でもわかるように「サイト設計の基礎知識や具体的な手順」までを徹底解説していきます!

本記事を読む前に以下動画は必ずご閲覧ください

サイト設計の3つの重要性

サイト設計が重要な理由は以下のの3つが挙げられます。

  1. 最小の労力で最大の効果が得られる
  2. 個人でも勝てるサイトが作れる
  3. マネタイズ(収益化)の構造ができる

深掘りしていくので、チェックしていきましょう。

①最小で最大の効果が得られる

しかまる

サイト設計をすることで、時間の無駄を極限まで減らすことができます。

そもそもサイト設計とは、どんな記事を書くのか、何の商品を売るのか事前に決定しておくための設計図。つまり、事前に何をすべきか考えておくということです。

とはいえ、サイト設計と言われても何をしたらいいのかわからない。こんな人が99%以上だと思います。

なので、具体的な手順は後半の「新規ブログのサイト設計【具体的手順9ステップ】」で解説します。

②個人でも勝てるサイトが作れる

しかまる

ブログは企業サイト(大手の競合サイト)と同じ方法で作っても勝てません。

というのも、大手サイトはサイト評価を大きく決定するドメインパワーが強い、資金力があるので大量の記事を投稿できる点など個人ブロガーと比べるとスタート地点で圧倒的な違いがあるからです。

なので、個人ブロガーは大手の競合サイトが狙わないポイントを見つけ出して勝負する必要があります。つまり、サイト設計は戦略そのものなのです。つまり、サイト設計(戦略)で勝負は決まるということ。

ブログで本気で稼ぎたいと思っているなら、サイト設計を極めましょう。

③マネタイズ(収益化)の構造ができる

しかまる

ブログはアクセスが集まれば稼げるというものではありません。

記事を読んでくれている人が広告をクリックしてくれたり、商品を買ってくれることで報酬が発生します。

なので、読んでくれている人を商品販売ページに誘導したり、書いたいと思ってもらえる構造にしなくてはいけません。

稼げるブロガーは例外なく事前にサイト設計でマネタイズの構造を考えます。ここが抜けるとアクセスは集まってるのに、稼げない残念なブログになります。

なので、サイト設計でマネタイズ構造もしっかりと作り込む必要があります。

新規ブログのサイト設計【具体的手順9ステップ】

サイト設計完全ロードマップ

まずはサイト設計の概要を理解するために、上記の動画をご視聴ください。

サイト設計の手順は以下の9ステップです。

ブログで稼ぐためには、とても重要な作業なので1ヶ月ほど時間を使ってもオッケーです。

サイト設計の具体的手順【9ステップ】

  1. 案件リサーチ
  2. 想定読者を考える
  3. 想定読者が絶対に読みたい記事を考える
  4. 絶対に読みたい記事に該当するKWを探す
  5. 関連するKWをツールを使って書き出す
  6. 不要なKWを削除する
  7. 収益記事、集客記事を考える
  8. カテゴリー構成を考える
  9. 記事を書き始める

では、詳細を解説していきます。

事前準備

具体的手順に入る前に、事前準備として「サイト設計テンプレートシート」を下記から準備しましょう。

Googleスプレッドシートを使いますので、Googleアカウントを持っていない方は作成してから進めてください。

こちらをクリック

テンプレートシートは閲覧専用になっているので、編集できるようにシートをコピーして下さい。

シートをコピーする手順

  1. 「ファイル」をクリック
  2. 「コピーを作成」をクリック
  3. 「OK」をクリック
  4. マイドライブにデータが保存されていれば準備OK!
STEP
「ファイル」をクリック
STEP
「コピーを作成」をクリック
STEP
「OK」をクリック
STEP
マイドライブにデータが保存されていれば準備OK!

コピーしたテンプレートシートを使って、サイト設計を進めていきます。

①案件リサーチ

しかまる

ブログで稼ぎたいなら、まずは最適な案件(広告)を探す必要があります。

広告会社はたくさん存在しますが、今回は「A8.net」「もしもアフィリエイト 」「タウンライフアフィリエイト 」を使います。

報酬単価5,000円(最低1,000円)以上の興味を持って書けそうな案件をピックアップし、スプレッドシートに書き出していきましょう。

あわせて読みたい
【厳選】アフィリエイトサイト(ASP)のおすすめ8選【初心者はこれでOK】
【厳選】アフィリエイトサイト(ASP)のおすすめ8選【初心者はこれでOK】ブログを始めたけど、どのアフィリエイトサイト(ASP)を使ったらいいかわからない。またアフィリエイト広告を使った稼ぎ方も教えて欲しい!こんな悩みを解決します。&nbs...

作業手順

  1. テンプレートシート「①案件リサーチ」を開く
  2. A8.netにログインし「プログラム検索」をクリック
  3. カテゴリで絞込みの「全部開く」をクリック
  4. 自分の興味のあるカテゴリを選択する
  5. お申し込みタイプで「5,000~」を選択する
  6. 「検索」をクリック
  7. 書けそうな案件を探し、スプレッドシートに書き出す
  8. 完成したスプレッドシートから書いてみたいTOP3を決定する
STEP
テンプレートシート「①案件リサーチ」を開く
STEP
A8.netにログインし「プログラム検索」をクリック
STEP
カテゴリで絞込みの「全部開く」をクリック
STEP
自分の興味のあるカテゴリを選択する
STEP
お申し込みタイプで「5,000~」を選択する
STEP
「検索」をクリックする
STEP
書けそうな案件を探し、スプレッドシートに書き出す

案件を見つけたら、「案件名・報酬単価・成約条件」を確認します。

自分が少しでも書けそうと思う案件は、スプレッドシートに書き出していきましょう!

STEP
完成したスプレッドシートから書いてみたいTOP3を決める

動画で手順解説をみる

★動画差し込み

②想定読者を考える

しかまる

ブログを読んでほしい想定読者を決めることで稼ぎやすくなります。

なぜなら「誰に何をどうやって売るのか」がハッキリとするので、戦略を立てられるようになるからです。

例えば、筋トレブログを作ったとします。想定読者を決めていない場合は、何となく筋トレノウハウをまとめたブログを作ることになります。

想定読者を決めた場合は、「30代主婦で子育てが忙しくて夜しか筋トレをする時間がない人」に向けたブログを作るという感じで、具体的な内容を決めることができます。

筋トレブログと言っても性別や環境が違えば、書く内容はまったく別モノになります。なので、サイト設計をするときは想定読者を考えるようにしましょう。手順は以下の通りです。

作業手順

  1. テンプレートシート「②想定読者」を開く
  2. カテゴリー①の「立場(誰の)・どんな(悩み)・どうやって(解決策)」を書き出す
  3. カテゴリー②の「年齢・性別・年収・仕事内容・環境・生活パターン・価値観・課題・家族構成」を書き出す
STEP
テンプレートシート「②想定読者」を開く
STEP
カテゴリー①の「立場(誰の)・どんな(悩み)・どうやって(解決策)」を書き出す

あなたのブログを読んでほしい想定読者情報を書いていきます。

例えば…

  • 立場(誰の) → 子どもが小学生なので夜は時間がない、時間がない中でダイエットをしたい等…
  • どんな(悩み) → 自宅でダイエットしたい、少ない時間でダイエットしたい、運動経験がなくても継続できるやり方がいい等…
  • どうやって(解決策) →オンラインヨガ、オンラインフィットネス、筋トレ等…
STEP
カテゴリー②の「年齢・性別・年収・仕事内容・環境・生活パターン・価値観・課題・家族構成」を書き出す

想定読者についてより深くイメージしていきます。

例えば…

  • 年齢 → 30代
  • 性別 → 女性
  • 年収 → 0円(夫の収入のみ。年収450万・会社員)
  • 仕事内容 → 家事(結婚前は企業で事務をしていた)
  • 環境(会社員・主婦など) → 主婦
  • 生活パターン(起床・通勤・勤務・就寝時間など) → 6時〜12時までは家事や買い物、16時〜22時も家事に追われている、それ以外の時間は比較的自由、毎日24時頃には就寝している等…
  • 価値観・考え方 → 家族との時間は最優先に考えたい、隙間時間を使って少しでも痩せたい等…
  • 課題と感じていること → 30代になって腹部や二の腕に脂肪がつき体重も増えてきた。写真映りも気になってきたので、今と生活パターンはあまり変えずにダイエットをしたい等…
  • 家族構成・恋人の有無 → 3人家族、夫30代・子(小学生)

③想定読者が絶対に読みたい記事タイトルを考える

「②」で考えた想定読者が絶対に読みたいと思う記事タイトルを考えましょう。

ポイントは以下の通りです。

ポイント

  1. キーワードは無視でOK
  2. 想定読者がブックマークしたくなるような内容

重要なポイントは、キーワードは無視して「想定読者が求める記事タイトル」を考えることです。

想定読者が求める記事を最優先で考えることで、記事を読んでくれた時に次のようなアクションを起こしてくれる可能性が高くなります。

・ブックマーク
・他の記事を読む
・SNSで拡散する

このようなアクションを起こしてくれると、固定ファンが増えてSNS拡散されてネットでの露出が増えます。その結果、ファンが増えるので、被リンクや滞在時間アップ効果が期待できるので、SEO的に有利になるのです。

つまり、検索上位を狙いやすいサイトになるということですね。

作業手順

  1. テンプレートシート「③キーワード一覧」を開く
  2. 読者が絶対に読みたいと思う記事(記事タイトル)を考える
  3. 考えた記事タイトルを「記事タイトル」欄に入力していく(最低でも5記事以上)
STEP
テンプレートシート「③キーワード一覧」を開く
STEP
読者が絶対に読みたいと思う記事(記事タイトル)を考える

この時に検索ボリュームやキーワードは無視して考えてOKです!

読者の立場にたって、あなたのブログで読みたいと思う記事を考えてみてください。

STEP
考えた記事タイトルを「記事タイトル」欄に入力していく

STEP2で考えた記事タイトルを入力していきます。最低でも5記事以上はピックアップしましょう!

例えば「30代主婦ダイエット」の場合

  1. 時間のない主婦でも自宅で効率的にできるダイエット方法7選
  2. 30代半ばの主婦が10kgのダイエットに成功した裏技を公開
  3. 37歳主婦が10kg痩せた!自宅で出来る食事制限なしのダイエット方法とは
  4. たった5分でOK!ダイエットに超効果的な3つの行動を暴露します
  5. 効果なし!絶対にやってはいけないダイエットの禁止事項10選

こんな記事があると、絶対に見ておきたいと思いますよね!

④絶対に読みたい記事に該当するKWを探す

しかまる

「③」で考えた「想定読者が絶対に読みたい記事」に該当するキーワードを探します。

一般的にはキーワードから記事を考えるという方法が多いです。でもキーワードから記事を考える方法では、想定読者が本当に求めているブログになりません。

なぜなら、類似のキーワードはたくさんありますが、それらがすべて想定読者が調べる可能性があるキーワードではないからです。つまり、一般的な方法では「想定読者が求めていない不要なキーワード」まで書くことになってしまいます。

例えば、筋トレブログを書いたとしましょう。その時、想定できるキーワードは「筋トレ 女性 ジム」「筋トレ 男性 初心者」などが考えられます。想定読者を決めずにブログを書いてしまった場合は、これらのキーワードをすべて書くことになります。

実はこれがダメなんです。

理由は誰に向けて書かれているブログかわからないので、「私のために書かれたブログだ」「僕の悩みを誰よりも解決してくれるブログだ」となりにくいです。そのため、SEOで高評価を得にくい、あなたのおすすめする商品を買ってもらえないというデメリットが発生します。

なので、先に想定読者を考えて想定読者が絶対に読みたい記事タイトルを考えていく。そうすることで、想定読者が求めている記事だけを用意できるので、リピーターが増えたり滞在時間が伸びたりします。

つまり、SEOで評価されやすいブログを作ることができるということです。キーワードの探し方は以下の通りです。

作業手順

  1. 絶対に読みたい記事タイトルから、キーワードを考える
  2. 狙うキーワードが決まったら、C列「検索KW」に入力する
STEP
絶対に読みたい記事タイトルから、キーワードを考える
STEP
狙うキーワードが決まったら、C列「検索KW」に入力する

⑤「④」に関連するKWをツールを使って書き出す

次は、想定読者が絶対に読みたい記事に関連するキーワードを探しましょう。

手順は以下の通りです。

作業手順

  1. 絶対に読みたい記事に該当するキーワードを、ラッコキーワードで検索する
  2. 表示されたキーワードをコピーする
  3. キーワードプランナーを使って、キーワードの検索ボリュームを調べる
  4. キーワードと検索ボリュームの情報をダウンロードする
  5. キーワードと検索ボリュームをコピーし、シートに貼り付ける
STEP
絶対に読みたい記事に該当するキーワードを、ラッコキーワードで検索する

まずはラッコキーワード(https://related-keywords.com/)を開き、サイトのメインとなるキーワードで検索します。

ちなみに…

サイトのメインとなるキーワードとは、どの記事にも共通となるキーワードです。

今回の場合であれば「ダイエット」がキーワードになります。

STEP
表示されたキーワードをコピーする

検索で表示された関連するキーワードをコピーします。

右上にある「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックしてください。

STEP
キーワードプランナーを使って、キーワードの検索ボリュームを調べる

まずはキーワードプランナーを開き、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

次に、コピーしたキーワードを貼り付けて「開始する」をクリックしましょう。

STEP
キーワードと検索ボリュームの情報をダウンロードする

キーワードと検索ボリュームが表示されるので、データをダウンロードします。

右上にある「ダウンロードボタン」をクリック。

過去のプラン指標の「.csv」を選択する。

STEP
キーワードと検索ボリュームをコピーし、シートに貼り付ける

まずダウンロードしたcsvファイルからキーワードと検索ボリュームをコピーします。

次にテンプレートシートにキーワードを貼り付けていきます。

最後に検索ボリュームを貼り付けます。

関連キーワードはできるだけ多く探してください。まずは想定読者に関連するキーワードを網羅的に集めることが最優先です。

動画で手順解説をみる

⑥不要なKWを削除する

大量のキーワードをテンプレートシートに記入できたら、不要なキーワードを削除します。削除対象は以下の通りです。

削除対象

  1. 検索ボリューム0
  2. 関係のないキーワード
  3. 検索結果が同じ意味のキーワード

検索ボリュームが0のキーワードは削除しましょう。

検索ボリュームが0ということは誰も検索していないので、記事を作っても誰にも読まれません。また検索結果が同じになるキーワードもどちらか片方を狙って書きましょう。例えば、「海外旅行」と「国外旅行」は同じ意味なので、どちらかを狙って書きましょう。

余談ですが、実は「海外旅行」と「国外旅行」は検索結果が違います。Googleの同義語、略語の判断はまだレベルが高くないので別として判断されている場合があります。なので、記事内で共起語として使用するなどの対策が必要な場合もあります。

作業手順

  1. 不要なキーワードを選択し、行を削除する
STEP
不要なキーワードを選択し、行を削除する

検索ボリュームが0のもの、関係のないキーワード等を選択し削除する。

こんな感じで、想定読者の悩みを解決できるキーワードを厳選していきます。

しかまる

50キーワードを目標に不要なキーワードは削りましょう。

動画で手順解説をみる

⑦収益記事、集客記事を考える

厳選したキーワードの中から、収益記事・集客記事となる記事を考えていきます。

  1. 収益記事 = キラーページ(商品を売るページ)
  2. 集客記事 = 人を集める記事(アクセスを集めるページ)

作業手順

  1. SEOを攻略して検索上位を目指す
  2. 読者に寄り添った記事を書く
  3. SNSを活用する
STEP
STEP

動画で手順解説をみる

⑧カテゴリー構成を考える

しかまる

基本的にカテゴリーは1〜3個以内にします。

50〜100記事と小さなニーズを攻める場合は、カテゴリーが多いと何かに特化したブログを作ることができません。例えば、「ブログで稼ぐためのサイト」を作る場合のカテゴリーは「ブログ」「SEO」「ライティング」と必要最低限にしましょう。

とはいえ、カテゴリーを何にすればいいのかイメージできないと思うかもしれません。

その場合は、「⑥」の作業で集めたキーワードで検索ボリュームが多いものを参考にしましょう。検索ボリュームが多いと言うことは、それだけニーズがあるということなので、カテゴリーになる可能性が高いです。

まずはカテゴリーを1〜3個ピックアップしておきましょう。

作業手順

  1. SEOを攻略して検索上位を目指す
  2. 読者に寄り添った記事を書く
  3. SNSを活用する
STEP
STEP

動画で手順解説をみる

少し話は違いますが、検索ボリュームが多いミドル・ビッグキーワードで検索上位を狙う方法の動画を紹介します。サイトを強化するためやるべきことについて話しているので、参考にしてみてください。

参考動画

⑨記事を書き始める

しかまる

あとは完成したスプレッドシートを見ながら記事を書いていくだけです。

ブログは戦略もなしに書きまくっても120%稼げません。読者ファーストを徹底して読者の悩みを誰よりも解決した人が稼ぐことができます。

そのためのサイト設計なので、時間を使って完成させていきましょう!

まとめ

ブログで稼ぐためには「サイト設計」「ライティング」この2つの軸を勉強する必要があります。片方が勉強不足だとそれだけで結果は出なくなります。

本講座では、どちらも勉強できる環境を用意しているので「動画学習」で勉強する。不明点はチャットや個別コンサル、グループコンサルでガンガン質問する。

これを繰り返すことで、高速でPDCAが回って圧倒的に進化することができます。僕が伝えたいのは「稼げるブログスキル」だけではありません。サイト設計という汎用性があるスキルをみなさんには本気で身につけてほしいと思っています。

そのスキルがあれば、稼いだお金を使ってライターを雇って複数サイトを作って資金を増やすこともできます。サイト設計を誰かに教えてお金をもらうこともできるでしょう。

そのためにはまずサイト設計とライティング術を身につけて、一緒に1つ目のサイトで結果を出していきましょう!

STEP
STEP