有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼ 詳しくはこちら

ブログはSNSとの連携で集客せよ【違いを理解して使い分けましょう】

しかまる

ブログ運営中はSNSもするべき?どう使い分ければいい…?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブログの集客にはSNSが必須
  • ブログとSNSの違いを確認【使い分けの指標】
  • ブログ集客と相性がいいSNSの特徴
  • ブログと連携させるなら読者層が最も多いSNSを活用すべき

この記事を書く僕は、副業ブログ歴3年。収益は50万円を達成しました。

本記事の執筆者

しかまる権威性
しかまる(@shikamarurobo

いきなりですが、「ブログ×SNS」は最強です。というか、ブログとSNSを連携させていないのは勿体なさすぎですね。

SEOが難しく、ライバルが強い現在でも、周囲と差別化を図り、アクセス数を維持できるツールが、SNS。

今回は、ブログとSNSを連携させるべき理由や、両者の違い、3大SNSの特徴について紹介していきます!

目次

【結論】SNSはブログの集客に必須なツールです

YouTubeで徹底解説

ブログのアクセス数を伸ばしたい…と思っている人は、SNSを上手く活用すれば集客を狙えます。

なぜなら、ブログはSNSとセットで運用すれば、露出する機会が増えるため色んな人の目につくようになるなど、集客面においてのメリット増えるからです。

では、なぜブログとSNSをセットで活用するべきなのか、もう少し詳しく解説していきましょう。

ブログのアクセスアップ・固定ファンの獲得を狙える

ブログのアクセス数やリピーターを増やすなら、SNS運用が効果的です。

ブログと連携させたSNSで繋がる人は、あなたやブログに興味を持ってくれた人。なので、SNSから流入してくるユーザーは、そもそもの共感度がめちゃくちゃ高いんですね。

実際に僕はツイッターでブログやビジネスについて発信しつつ、こんな感じでブログ更新通知も行っていますが、一日平均300以上のアクセスを獲得しています。※ツイッターからのアクセス

SNSでブログの更新通知や宣伝をすれば、フォロワーさんを中心に拡散される可能性があるのもメリット。

拡散してもらえれば、その分流入のチャンスを増やせますし、興味を持ってくれたユーザーは長期的なリピーターになりやすいですね。効率良く集客したいなら、SNSを使わない手はないでしょう。

しかまる

ブログ運営において、SNSは流入を狙うツールと考えてOKです!

SEOの弱点を埋められる

SEOは常時アップデートされるため、順位の変動により集客にも大きく影響されますが、SNSには関係ありません。

SEOでも良質な記事を投稿したり、被リンクをもらったり、ドメインパワーが上がったりすれば、Googleからの評価は高くなりますが、アルゴリズムの変更により、いきなりブログが飛んでしまうことがありますよね。

しかし、SNSを日頃から積み上げ、ファンを獲得しておけば、SEOに左右されることなく安定した集客が可能です。

SEOのみに頼った運営ではリスクがあるので、早いうちからSNSも取り入れておきましょう!

またSNSアカウントを育てることができれば、ファンビジネスとして売り上げの土台(ベース)を作れます。

しかまる

SEO以外で新規顧客の開拓ができるので、ビジネスの可能性が広がりますね。

ファンビジネスについてはこちら

ビジネス系YouTubeメディア
【解説】ファンビジネスは企業こそ検討すべき!3つのメリットや事例を紹介
【解説】ファンビジネスは企業こそ検討すべき!3つのメリットや事例を紹介「ファンビジネスって企業でもできるの?」 「ファンマーケティングという言葉をきくけど、具体的な方法は?」 「ファンってつまりどういうこと?」 マーケティングの手法...

どう使い分ければいい?ブログとSNSの違いを確認

SNSとブログをうまく使い分けるためには、両者の違いを理解する必要があります。

ブログとSNSの違い

  • ブログ:ストック型メディア
  • SNS:フロー型メディア

詳しく解説していくので、使い分けの指標にしてみてください。

ブログはストック型メディア

ブログはストック型のメディアに区分されます。

しかまる

そのままですが、情報をストックしていくタイプのメディアですね。

メディア内の情報が溜まっていってこそ、信用性が高まります。

そして、自分で管理する独自ドメインのブログなら、投稿しつづけて積み上がった投稿(情報)が消えることはありません。ブログで積み上がった情報は、自分の資産となるのです。

なお、独自ドメインではないブログサービスで投稿した情報は資産とはならず、ストック型メディアには区分されないのでその点は理解しておきましょう。

SNSはフロー型メディア

対してSNSは、フロー型メディアに区分されます。

フローとは「流れ」のこと。Twitterが一番わかりやすいと思いますが、SNSではどんどん情報が更新されていき、ブログのように簡単に過去の投稿を探せませんよね。

なので、SNSはブログと違い、情報の積み上げではなく、自分自身の信用をストックするイメージ。

発信内容もそうですが、コミュニケーションも深く関係してきます。自分の個性をガンガン売れるメディアですね。

しかまる

SNSはあくまでも交流の場であり、最新の情報を発信する役割を果たすと覚えておきましょう!

ブログ集客と相性がいい3つのSNS【特徴】

次に、ブログの集客に活用できる3つのSNSについて、サクっと特徴を解説しておきます。

ブログ集客に活用できるSNS

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

上記3つが代表的ですが、あれこれ手を出すと大変なので、まずは1つに絞ってみるといいでしょう。

ブログの集客ができるSNS①Twitter

しかまる

Twitterは、ブログとの相性が抜群です。

1投稿に140文字以内という制限はありますが、ブログ記事のURLを張り付けて投稿ができますし、数に制限もありません。リツイート機能で情報を一気に拡散できるので、バズるチャンスも豊富。

僕は2020年12月現在、約11,000人のフォロワーさんがいますが、おかげで開設間もないブログのアクセス数がかなり安定していますし、YouTubeも伸びてきてますね。

ある程度のフォロワーを獲得し、情報を拡散してもらえれば、その分新たな顧客ゲットの可能性も広がるでしょう。

ブログの集客ができるSNS②Facebook

ブログへの流入は、Facebookでも狙えます。

Facebookは、自分のタイムラインや「Facebookページ」でブログ記事をシェアできるほか、長文の投稿もできるので、ブログに書いているような内容を発信することも可能でしょう。

ただし、最近の傾向からすれば、Facebookで情報が流れる速度はTwitterに比べやや緩やか。しつこすぎる投稿はウケませんね。

しかまる

Facebookページやグループをうまく活用できるなら、利用する価値があるかもしれません!

ブログの集客ができるSNS③Instagram

Instagramは投稿に記事のURLを張り付けられないため、集客には少し不便かもしれません。

Instagramでブログ流入を狙うなら、プロフィール欄にリンクを貼り付け、投稿でブログへ誘導する文言を提示するのが一般的です。

若い客層をターゲットに考えればInstagramはかなり強いですから、ブログのジャンルによっては集客効果も大いに期待できるでしょう。

しかまる

Instagramは、写真や画像が命なので、向き不向きがありますね!

ブログと連携させるなら読者層が最も多いSNSを活用すべき

結局ブログと連携させるSNSはどれを選べばいいの?というお話なのですが、結論ブログの読者層が最も多く利用していると思われるSNSを選ぶのが正解です。

例えば以下のような感じですね。

  • 美容系:Instagram
  • ブログ運営・ビジネス系:Twitter
  • ママさん系:Instagram
  • 企業にみて欲しいブログ:Facebook
  • 実店舗の集客目的:Facebook・Instagram

上記は一例ですから、ターゲットの年齢や属性によれば、適するSNSは変化します。

しかまる

自分のブログはどのSNSを活用すればいいのかを見極めて、効率良く集客していきましょう。

まとめ:ブログとSNSを今すぐ連携させよう!

というわけで今回は、「ブログ×SNS」というテーマでお話しました。

本記事の要約

  • ブログの集客にはSNSが必須
    ★ブログのアクセスアップ・固定ファンの獲得を狙える
    ★SEOの弱点を埋められる
  • ブログとSNSの違い
    ブログ:ストック型メディア
    SNS:フロー型メディア
  • ブログ集客と相性がいい3つのSNS
    1.Twitter:集客効果抜群
    2.Facebook:Facebookページやグループの活用がポイント
    3.Instagram:写真や画像が命
  • ブログと連携させるなら読者層が最も多いSNSを活用する

ぶっちゃけ今の時代、ブログとSNSを連携させない手はありません。

SEOの難易度はかなり上がっており、ライバルも強くなっているので、SNSもうまく活用して差別化を図っていきましょう。

しかまる

自分のブログはどんなSNSが向いているのか、しっかり見極めてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる