有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼ 詳しくはこちら

【公式LINE限定】稼げるブログジャンルの選び方完全ロードマップ【すぐ使える34案件紹介】

しかまる

ブログってどんなジャンルを選んだら失敗しないの…?正しい選び方を教えて欲しい!

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. 稼げないジャンル5選とその理由
  2. 稼げるジャンル5選とその理由【34案件紹介】
  3. ジャンルの決め方と稼ぐための戦略

この記事を書く僕は、ブログ歴4年。収益は100万円を超えています。

本記事の執筆者

しかまるプロフィール
しかまる(@shikamarurobo

ブログ初心者はジャンル選定を適当にやると絶対に稼げません。

とはいえ、どうやったら失敗しないジャンルを選べるかわからないですよね。

そこで今回は、ブログ初心者がジャンル選定で失敗しないように、稼ぎやすいジャンルを紹介しつつ選び方まで徹底解説していきます!

稼げないジャンル3選とその理由

ブログ初心者が挑戦すると失敗するジャンルを3つ紹介します。

  1. YMYL
  2. 報酬単価が低いジャンル
  3. 興味がないジャンル

では、詳しく解説します。

①YMYLジャンル

YMYL(Your Money or Your Life)とは「お金と人生」に関連する内容を指しています。具体的に言うと、健康、お金など、人々の人生に大きな影響を与える内容のことです。

具体的に言うと以下のようなジャンルです。

  1. 医療関連
  2. コロナ系
  3. 金融系

コロナ系は医療系に該当しますが、今回は別の側面で稼げないジャンルに該当するので紹介します。

例えば、医療系ジャンルは「脱毛」「AGA」「美容系」などが該当します。

コロナ系は「ジム」「観光」「宿泊施設」「ブライダル」「飲食」などが該当します。

コロナ系は、コロナの影響で外出を控えるようになった結果、売上が下がった業界です。売上が下がったということは、潤沢な資金が無ければ広告費(ASP)を使うことができません。

もしくは広告単価を下げるという対応をせざるを得なくなります。つまり、ブロガーに支払われる報酬も下がるということです。なので、市場規模が小さくなることが予想されるので避けるべきジャンルに該当します。

金融系は、クレジットカードやFXなどが該当します。

報酬が高く稼ぎやすいので、直接的に「クレジット ○○」などで狙わず、節約のキーワードで記事を書きつつ「節約をするならクレジットを変えた方がいい」という訴求で稼ぐ人もいます。

とはいえ、初心者ブロガーには難易度が高いので避けた方が無難です。

②報酬単価が低いジャンル

しかまる

ずばり、報酬単価が1,000円以下になるようなジャンルは避けましょう。

例えば、「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト」「格安のASP広告」などです。これらはアクセスをどれだけ集めても売れる商品が安いので稼ぐことができません。

Googleアドセンスのクリック報酬単価は平均20-30円です。500クリックでも1万円しか稼げません。500クリックされるのに、クリック率が2%であれば25,000PVが必要という計算になります。

ジャンルによっては広告単価が少し高いモノもありますが、圧倒的に稼ぎにくいという事実は変わりません。ちなみに、CVR(成約率)1%で報酬単価5,000円の案件を取り扱った場合、500クリックで5個の商品が売れるので25,000円の報酬です。

圧倒的な差が生まれるので、報酬が安いジャンルは避けましょう。

③興味がないジャンル

ブログで稼ぐためには、継続は必須です。

例えば、筋トレにまったく興味がないのに毎日記事を書いてくださいと言われたら苦痛ですよね。

稼げるという理由で、まったく興味のないジャンルに挑戦しても、そもそも記事が書くことが苦痛になるので継続できません。当たり前ですが、継続できなければ稼げる未来は100%訪れません。

でも、しかまるさん。報酬単価が高いジャンルを選べってさっき教えてくれたけど、矛盾してませんか?このように思うかもしれません。

大切なポイントは、報酬単価が高い(稼げるジャンル)且つ継続できるジャンルを探すことです。

なので、まずはA8.netやもしもアフィリエイトなどのASP会社に登録して、報酬単価が最低でも1,000円以上の案件をすべてチェックしてください。そこから興味があって書けそうなジャンルを選択しましょう。

そうすれば、必然的に収益性が高く稼げるジャンルを発見することができます。

稼げるジャンル5選とその理由【34案件紹介】

稼げるジャンルを紹介しつつ、具体的な34案件を紹介します。

まずは稼げるジャンルの前提条件を解説します。

稼げるジャンルの前提条件

  1. 市場が伸びているジャンル
  2. 単価が高いジャンル
  3. コロナによる影響

稼げるジャンルの前提条件は3つです。

市場が伸びている(大きくなる)ジャンルは、これから顧客数の増加が見込めるので、早くに参入すれば稼げる確率は高くなります。

初心者ブロガーこそ、市場が大きいジャンルで報酬単価が高いジャンルを狙いましょう。初心者ブロガーは大量のアクセスを数稼ぐことは難しい。なので、少ないアクセス数で稼げるジャンルで勝負すべきです。

とはいえ、初心者が市場が大きい稼げるジャンルで勝負しても勝てません。コツは、市場が大きくて報酬単価は高いけど、ニッチでライバルが少ないブログにすることです。

例えば、「転職」のキーワードは市場規模が大きく報酬も高いのでライバルが強い。でも、同じ転職でも「任天堂への転職」という会社名でジャンルを絞ることで、案件は同じなのにライバルは弱くなります。

このように意図的に攻める範囲を絞って、ライバルと差別化を図ることが大切です。

稼げるジャンル5選

  1. オンライン系ジャンル
  2. 恋愛ジャンル
  3. 動画配信サービス
  4. 代行サービス
  5. 音楽配信サービス

稼げるジャンル5つはこちらです。詳しく解説します。

①オンライン系ジャンル

  • オンラインヨガ(SOELU、うちヨガ+)
  • オンラインフィットネス(リーンボディー、LiveFit)
  • オンライン秘書(i-Staff、フジ子さん、CASTER BIZ)
  • オンラインボイストレーニング
  • オンライン料理教室
  • オンライン部屋探し など

コロナの影響によりオンラインの需要が爆発しました。

新しいサービスが登場したり、既存サービスが大人気になっています。そのため、報酬単価がアップして新しい案件も登場しているのでチャンスです。

メリットをまとめると以下通りです。

メリット

  1. コロナでオンライン需要が爆発
  2. 単価が高い
  3. オンラインなので時代にあっている

オンラインなので全国展開しており、顧客数が多いので成約につながりやすい案件です。

オンラインフィットネス

オンラインヨガ

オンライン秘書

②恋愛ジャンル

  1. マッチングアプリ(ペアーズ 、イブイブ、With)
  2. 結婚相談所(ペアーズ エンゲージ、スマリッジ)

恋愛ジャンルは普遍的なジャンルで強いです。

特にネットの復旧によりオンラインのマッチングサービス市場が爆伸びしています。報酬単価もマッチングアプリなら3,000円前後、結婚相談所なら15,000円以上と高めです。

また恋愛ジャンルは他の広告と組み合わせ安いことも強みです。

例えば、彼女を作るためのブログを作ったとしましょう。彼女を作りたいのに見た目が不潔だと難しいですよね。なので、ダイエットやメンズエステ、美肌を提案することができます。

このように「彼女」を作るためには、見た目を清潔にする努力が必要です。なので、マッチングアプリ意外にも「彼女ができる確率」を高める方法を紹介しつつ、案件へ自然と誘導できるのです。

マッチングアプリ

結婚相談所

③動画配信サービス

  • U-NEXT
  • Amazonプライム
  • hulu
  • TAUTAYA TV
  • FODプレミアム
  • ビデオマーケット
  • dtv
  • dアニメストア
  • ディズニープラス
  • DAZN
  • Paravi
  • ABEMA

動画配信サービス(VOD)は2018年が一番盛り上がっていました。とはいえ、コロナの影響で自宅で楽しみたいという需要が増えたため人気が再燃しています。

報酬単価は1,000〜2,000円程度と高くはありません。でも、無料トライアルに参加で報酬発生する案件が多いので、成約ハードルが低いです。そのため、数が売れやすい案件なので稼ぎやすいです。

例えば、「映画の作品名+〇〇」でアクセスを集めて、他の映画を無料トライアルで観たいならこちらと誘導する感じで成約に繋げるといいでしょう。

VOD

④代行サービス

  1. 家事代行(キャットハンド、マミーメイト、パソナライフケア)
  2. 買い物代行(ツイディ)
  3. 二次会代行(2次会くん)
  4. 退職代行サービス(退職代行SARABA、EXIT、退職110番)

「〇〇 + 代行」の市場はどんどん拡大しています。買い物で重たい荷物を持つことが難しいシニア世代を中心に利用者が増えています。

誰にでも出来ることは誰かに代行して、自分のやるべきことに集中したい。こんなニーズはこれからも拡大してくことは間違いありません。

例えば、二次会代行も同じです。結婚式で下手な素人の進行に任せて失敗するぐらいなら、プロに依頼して盛り上げてもらう。新郎新婦には自分にしかできないことで喜んでもらいましょう。

このように誰かに代行するという市場は拡大しているので、狙い目のジャンルです。

家事代行

買い物代行

幹事代行

退職代行

⑤音楽配信サービス

  1. 音楽配信サービス(Audible)

ワイヤレスイヤホンの復旧により、移動時間に耳を使って学習する人が増えました。私も音声学習のヘビーユーザーで、通勤時間や隙間時間には耳で学習をしています。

コロナの影響により、会社員だけの収入で生きるリスクは非常に高くなりました。新しい収入源を得ようと活動している人も増えています。稼ぎを増やすときに、切り離せないのが「学習」です。とはいえ、日中は会社で働いていると学習する時間はなかなか確保できないことが現状でしょう。

音楽配信サービス

ブログジャンルの決め方と稼ぐための3つの戦略

ブログジャンルを決めるために絶対に知っておきたい2つのポイントを解説します。

ジャンル選定に必要な前提知識

ブログのジャンル選定というと、ライバルが弱くて何をやっても勝てるブルーオーシャンを探そうとする人が多いですが、それは間違いです。そんなものは存在しません。

ブログ初心者こそ市場規模が大きく、報酬単価が高いジャンルを狙うべきです。理由は、市場規模が大きいので顧客が多い、報酬単価が高いので少ないアクセスで稼げる可能性があるからです。

とはいえ、転職ジャンルなどの激戦区に真っ向勝負を挑んでも100%勝てません。そこでやるべきことは、①ジャンルを絞り込むことです。

例えば、ジャンルを絞り込むとは「転職ブログ→任天堂へ転職するためのブログ」「筋トレブログ→60代主婦が足痩せするためのブログ」このようにジャンル内で絞り込んでいくことが大切です。

絞り込むメリット

  1. 大手サイトが狙わないキーワードで戦える
  2. ライバルが弱くなるので勝ちやすい

大手サイトはニッチなキーワードを狙わなくても、検索ボリュームの大きなキーワードで検索上位を獲得できます。なので、大手サイトはそんなニッチなキーワードはコスパが悪すぎて基本的には狙いません。

このポイントに私たち個人ブロガーの活路があります。なので、ジャンルはできる限り絞りましょう。そうすることで、大手サイトと戦わずして報酬単価の高い広告を一定数成約に繋げることができます。

ブログで稼ぐための戦略3つ

  1. 興味関心があるジャンルを攻める
  2. 収益性が高いブログにする
  3. 勝つための戦略を考える

ブログで稼ぐ戦略は主に3つです。

①興味関心があるジャンルを攻める

しかまる

ブログで稼ぐことが目的の人が多いと思いますが、稼げるという理由だけでジャンル選定をしてはいけません。

ブログで結果を出すためには①稼げるジャンルを選ぶ、②継続して記事を書く、必要があります。稼げるジャンルであっても、毎日書き続けることが苦痛であれば長期的に見ると、絶対に継続できずに失敗します。

なので、稼げるジャンル+好きで継続できるジャンルを選択しましょう。

②収益性の高いブログにする

しかまる

ブログはアクセスを増やすことが目的でなく、稼ぐことが目的です。

なので、ゴール設計をしましょう。ゴール設計とは簡単にいうと、ブログで売る商品を決定するということです。

ブログの稼ぎ方

  1. ASP
  2. Googleアドセンス
  3. Amaonアソシエイト
  4. 楽天アフィリエイト
  5. 直接広告
  6. 自社商品

この6つがブログの主な稼ぎ方です。

ASP広告は報酬単価が高い案件があるので、こちらが主な収益源にしているブロガーは多いです。

Googleの自動広告で、貼るだけで読者に合う広告を表示してくれます。手間が少ないですが、広告単価が平均20〜30円と低いので大きく稼ぐことはできません。

個人的には、Googleアドセンスは貼らなくていいと考えています。

Googleアドセンスをクリックして20円をゲットするメリットよりも、最後まで記事を読了してもらって20,000円の商品が売れた方が圧倒的に稼げるからです。

Amazonアソシエイトはおまけ程度でOKです。

記事内で自然とおすすめできる商品がある時に売る程度で使いましょう。販売額の2〜10%の報酬が入るので、1,000円の商品が売れれば20〜100円の報酬をゲットできます。

こちらもGoogleアドセンスと同じで報酬単価が低いので、メインの収益源にしない方が良いでしょう。

直接、クライアントから報酬を貰うタイプです。

ブログのサイドバーや記事終わり、指定の場所に広告を貼ることで報酬を得ることができます。サイトの実績があれば、直接オファーが来ることが多いです。

案件が欲しい場合は自分から企業に「月間〇〇PVの××系ジャンルのサイトを運営しています。サイドバーに広告を月間●万円で掲載いただけませんか?」とオファーしてみましょう。

僕も最初はこの方法でゲットしました。

③勝つための戦略を考える

勝つために大切なことは「誰にどうなって欲しいのか決める」ことです。

例えば、ダイエットなら痩せるため、筋トレならマッチョになるため、プログラミングスクールならプログラミングができるようになるため、当たり前かもですが、ブログを読んだ読者がどうなって欲しいのか明確にする必要があります。

そして、そのためにはどんな商品を売るのか決めておきましょう。これだけでゴール設計(売る商品)が決定します。まずはこのゴール設計をしっかりとしておきましょう。

まとめ

ジャンル選定でブロガー人生が決まると言っても過言ではありません。

失敗しないためのポイントは、報酬単価が高い(最低でも1,000円、理想は5,000円以上)、継続できるジャンルを選択することです。ブログはどちらが欠けても成功しません。

ぜひ、この点を意識しながらサイト設計をしてくださいね。

ジャンル選定が完璧にできたら、SEOとライティングを学んでいきましょう。そして、コツコツと質の高い記事を、読者に届けることでアクセスが増えて商品が売れるようになります。頑張っていきましょう!

SEO基礎の完全ロードマップ

ライティングの基礎完全ロードマップ