有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼ 詳しくはこちら

【悲報】ブログ初心者がやる必要がない4つのこと【結論:記事を全力で書こう】

YouTubeでも徹底解説

しかまる

ブログ運営で遠回りはできたら避けたい。どうやったら効率よく運営できるんだろう…。

こんな悩みを解決します。

ブログ運営にはたくさんの罠があります。この罠にはまると稼げるようになるまでに時間が掛かってしまったり、挫折してしまう原因となります。

僕はこの罠にハマりまくって地獄を味わいました…。この経験から絶対にやっちゃダメな4つのことをピックアップしてみました。

それは以下の通りです。

結果が出ない行動
  1. ブログの複数運営
  2. ブログの過度なカスタマイズ
  3. 書くジャンルで悩み過ぎない
  4. SNSを頑張りすぎる

ブログ運営をする時は、この4つの行動を避ける要因しましょう。

無駄に時間が奪われてしまって、記事を執筆する時間が無くなってしまいます。そうなると、コンテンツが仕上がらないので稼げるまで時間が掛かってしまいますよ。

本題に入る前に、ブログ初心者が意識すべきたった1つのことをお伝えします。それは、1記事でも1文字でも多く書くことです。

ブロガーというのは、少しでも多く少しでもいいことを価値提供することです。これが全てです。ブログを書きまくってブログの実績を作るために一点突破する。

しかまる

そのためには邪魔な物はすべて排除していきましょう!

目次

①ブログの複数運営

初心者さんほどよくある失敗が「ブログの複数運営」です。実際に初心者ブロガーなのに、最高で5ブログ運営してました。なぜこの思考になるのかというと1ブログで1万円稼げたからです…。

単純に1万円×5サイト運営したら、月5万円稼げるんじゃないかと考えたんです。しかしこれが大きな間違いでした。

しかまる

今思うとホント時間の無駄でした..

1人で作業するので、圧倒的に作業量が足りなくなるのです。なので、どのブログでも稼げなくなります。

最初のブログは毎日更新して伸びていったのに、途中から複数ブログを増やしたせいで「週1度更新」になり、結果的に3サイトもつぶすことになりました。

ではどうすればいいのが正解かというと、まずはひとつのサイトで成果を出すことです。

例えば、月10万、いや50万超えるまではひとつのサイトで十分です。

ひとつのサイトで結果が出れば、深い知識やノウハウを使って2サイト目を作れます。逆にまったく知識がなかったり、1万稼いだ程度の知識で2サイト目を作ったとしても、1万程度しか稼げないのです。

しかまる

どれだけ労力をかけても、中々大きく稼げるようにならないということですね。

知識がある状態で2サイト目を作ることができたら要領よく稼げますし、さらに外注で稼ぐ方法も考えられます。

・50万円稼いでいるのなら20万つかって完全外注しよう
・2つめのサイトは自動にしよう

などの考えに持っていけるのです。

まずはひとつのブログで成果を出して、深い知識とお金を手に入れる。それができればビジネス的にいろんな展開で稼げるようになります。

もしあなたがブログで少し稼げたからといって「2サイトを作って収益を2倍にしたい」と考えているのなら、間違いなく1サイトのほうが、あとで絶対に後悔しません。

まずひとつのサイトで飛びぬけて成果を出しましょう!

②ブログの過度なカスタマイズ

冒頭でも話したように、まず初心者さんが必要なのはカスタマイズよりも1記事1文字でも多く書くことです。

見た目は大事ですが、最初に見栄えやカスタマイズにこだわっても後から見返したら大したカスタマイズができてなかったりするんですよ。

記事を書いていると、

・カスタマイズが間違ってたな
・もっと違う方法が良かったな

などの案が出てくるのです。

来てくれる人がいなければカスタマイズの意味がありませんし、完全初心者がhtmlやCSSを変更するのは時間が掛かるので避けましょう。

とはいえ、「どうしてもお気に入りの見た目じゃないと記事に集中できない!」という人もいますよね。

そんな時は有料テーマでプロ級のデザインにしましょう。実際にぼくが使っているおすすめテーマはこの3つです。

この3つならどれを選んでも間違いないです。ちなみに、このブログはSWELLを使用しています。

最近出たものから、昔から売れ続けているシリーズのアフィンガーなど、どれを使っても利便性が高いです。やりたい機能はすべて入ってますね。

なので、テーマに迷ったらこの3つを一度検索してみましょう。僕がまとめたものもあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

有料テーマを使うことでいきなり凝ったプロ級のデザインになります。かっこいい装飾がはじめから入っているので、自分なりにかっこよくしたいのなら、有料テーマに初期投資として1万円ちょっと払ってしまいましょう。

その方が稼げるまでが、圧倒的に早くなります。

③書くジャンルで悩み過ぎない

しかまる

ブログ初心者が何を書いたらいいのかなと悩んだとしても、正解は出ません。

一番やってはいけないやり方は「稼げるジャンルだからといって詳しくないのに書くこと」です。100%挫折しますし、稼げません。

なぜかというと書くのがつらいですし、そもそも専門的に書けないので自分の経験談や独自性が出せないのです。それにGoogle評価もあがりにくいです。

逆に正しいジャンル選びは「誰よりも好きで詳しくかける内容」です。誰よりも独自性があったり専門的に書けるジャンルを選べば、Googleからの評価が受けやすいのです。

Google先生の気持ち
  1. 「このブログは自分独自の考えや分析されている」
  2. 「体験や画像がしっかり書かれているから他の人と違うな」
  3. 「検索順位を上げてやるか」

このような判断をGoogleがしてくれる可能性が高いのです。Googleは独自性や専門性を重視する傾向があります。もう一度いいますが、実際に経験したことが独自性で、誰よりも詳しいのなら専門性です。

例えば、バレーボールで全国大会に行ったことがあるのなら、初心者よりも詳しいノウハウを説明できますよね。

さらに希少価値が高いので検索上位に入りやすくなるのです。

たとえば、ネットで調べてもでてこないようなスパイクの打ち方のコツやレシーブのコツは経験している人にしかわかりませんし、中々ネット上には載っていない情報なので、マネされることなく独自性を出しやすいです。

そして、自分の体験をだせることは苦に感じないので、いいコンテンツを大量に作れるということです。迷った時は、自分が専門的で誰よりも詳しく書けたり、経験してきたジャンルを攻めることが正しい選択です。

④SNSを頑張りすぎる

ブログ初心者さんほど気を付けるべきなのが、SNSを頑張りすぎることです。

ブログを伸ばしたくてSNSを始めたのに、なぜかTwitterのフォロワー数をのばすことやいいねをもらうことを目的になって、Twitterばかり1日中やってしまう事です。

楽しいからやってしまうのもわかりますが、こういう人は全然稼げなくなります。Twitterの目的は「記事を見てもらう事」です。それに、Twitterを伸ばすには実績がないと成長が頭打ちしてしまいます。

例えば
  1. ベンチプレス20キロしかあがらないガリガリの人が教える筋トレ方法
  2. 筋トレでボディビルで全国1位のマッチョが教える筋トレ方法

あなたはどちらから学びたいですか?

本気で鍛えたいのに、20キロしか上がらないガリガリの人から教わりたいとは思いませんよね。逆にマッチョでボディビルの全国1位とった実績のある人のほうから教わりたいですよね。

これはどのジャンルにも当てはまっていて、例えばブログ論で発信するのも、0円の人と月100万円以上稼いでいる人では後者の話を見たいのです。

SNSをのばすにしてもやるべきなのは「ブログ一点突破で実績を作ること」が大切です。Twitterはブログ記事を拡散してくれるパワーがありますが、本来の目的を忘れてはいけません。

Twitterのフォロワーを伸ばすのが目的ではなくて、まずはブログを認知してもらうこと。あなたの記事を拡散してもらうにはどんな人を集めるべきなのかしっかり考える必要があるのです。

ブログ初心者さんはSNSを控えめにしましょう。まずはブログに集中して安定した稼ぎを出していきましょう。安定して数十万稼げるようになると、外注や広告費などを使って別のビジネスに回すことができるのです。

初心者の段階ではイメージしにくいですが、将来的にお金の使い方をかえるだけで、自分が働かなくても一気に稼げるような「仕組み」を作ることが出来るのです。

しかまる

まずはひとつのサイトで一点突破をめざしましょう!

次回、第8回は「ブログで「キーワード選定」する理由とやり方【優しく徹底解説】」についてお話します。

しかまるWebスクール
ブログで「キーワード選定」する理由とやり方【優しく徹底解説】 | しかまるWebスクール
ブログで「キーワード選定」する理由とやり方【優しく徹底解説】 | しかまるWebスクールhttps://youtu.be/m3bOBgBx9Jw YouTubeでも徹底解説 しかまるキーワード選定ってなんか難しそう。どうやってやればいいのか教えて欲しい。 こんな悩みを解決します。 結論...

\YouTubeでノウハウ公開/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる